【F1ベルギーGP予選】相次ぐエンジンブローとフェラーリの強さ

2019年F1第13戦、ベルギーGP予選のイラストと感想です。夏休み明けのPU新スペック投入で波乱の展開となる中、強かったのがスペック据え置きのフェラーリ。

 

AD

【F1ベルギーGP予選】煙吹きまくり

【F1ベルギーGP予選】PUアップデートで波乱の展開に
【F1ベルギーGP予選】PUアップデートで波乱の展開に

 

F1第13戦ベルギーGPの予選で目立ったのが、エンジンの不調。

各チームが夏休み明けで新しいスペックを投入する中、うまくいかないマシンが次々と煙や火を吹きました。

フリー走行ではレーシングポイントのペレスが。予選ではウィリアムズのクビサ、そしてアルファロメオのジョビナッツィが。

 

それだけでなく、新スペックではないはずのレッドブルのフェルスタッペンも何か不調を抱えていたような様子でした。

新しいスペックでは、各チーム冒険した設定を入れたのでしょうか?

あの、ホンダの新スペックの活躍を見て、エンジニア魂に火がついたのでしょうか。

 

文字通り火がついてますけどwwwwwwwww

 

前日のラピュタ放送と同時にペレスが火を噴いただけでなく、その余韻が予選にも残っていたのでこんなイラストです。

 

フェラーリが強い

そんな中ぶっちぎりの速さを見せたのが、フェラーリの二台、ルクレールとベッテル。

フェラーリはパワーユニットの新スペック投入を見送り、据え置きのスペックで参戦。

このスパ・フランコルシャンを得意とするチームなので、確実な力で行きたかったのでしょうか。

新スペックを試さなくても自信があったのでしょう。

 

とにかく、ルクレールが特に速さを見せて、ベッテルが遅れをとったのはドライビングミスだったよう。

ルクレールはここにきて光ってきていますね。

 

F2の悲しみを超えて

ネットを見ている人はみなさんご存知でしょうが、この予選の直後に行われたF2レースで悲しい事故が起こりました。

その件については、私の思いは以下の記事に書いていますので、よければご覧ください。

 

F2のクラッシュとユベール氏の訃報について。ラウダ氏から私が学んだこと

 

このF1予選のときは、こんなことが起こるなんて想像もしていませんでした。

ただ、オールージュの坂で多くのエンジンが火を噴いた原因になったかもしれないし、厳しいコースなんだと思います。

そんな中で悪魔の坂で事故が起こってしまった。

 

F1の決勝はどうやら行われるようです。

ハミルトンがクラッシュの映像を見て、これまでに見たことないくらい悲しい顔をしていました。

セナのリアルタイム世代ではない私ですが、彼の事件のことは調べて知っています。

ルイスやその他のドライバーがどうか無事に走り切りますように。

 

ふざけたイラストでしたが、(描いてる時はまだ何もなかった・・・)

決勝が無事に終わるよう祈ります。

 

Twitterで感想を募集!「#F1観ようぜ」ハッシュタグまで

 

 

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

AD
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。