F1のタイヤルールとピットイン戦略

「F1の楽しみ方がわかる!F1初心者講座」第3回目は、決勝レース中のタイヤルールとピットイン戦略(タイヤ交換をいつ行うか?何回行うか?)についてです。F1好きの1児のママ・フェニックスA子(F1歴4年目)がお伝えします。

決勝レースでは、1レース中に何回、いつ、どのタイミングで、どのタイヤに交換するかが最も重要な戦略となります。

それはなぜでしょう?タイヤルールとピットイン戦略について解説します。

 

AD

F1のキモはタイヤルール(持たせ方)

F1レースといえば、50周以上も同じコースを回り続けるスポーツです。

これこそが、F1を知らない人に「そんなことをして何が面白いのか・・・」と思われる部分でもあります(笑)

しかし、ドライバーやチームが何を考えて50周以上もグルグル回っているのか。その中身を知るとレースがぐっと面白くなりますよ!

 

 

F1のタイヤは特別仕様。溝が少なく溶かしながら走る

F1のタイヤは特別なゴムを使って作られており、普通の車のタイヤとは全く違います。

普通の車のような溝はなく、熱でゴムを溶かしながら、溶けたゴムを滑り止めにしながら走るのです。

このため、タイヤの寿命はとても短く、1つのタイヤで50周以上のレースを持たせることは不可能で、レース中に1回以上の「タイヤ交換」が必要になります。

F1レースで、タイヤの温度や削れ具合を管理することは、とても大切なことなんですね。

 

F1の路面は超暑い!柔らかいタイヤは溶けてなくなる

サーキットの路面温度は、特に昼間のレースでは光を浴びてかなり高くなります。

夏の昼間のレースだと路面温度50度を超えることも。

F1カーは猛スピード(時速300km以上!)で走っているので、タイヤはただでさえ摩擦で熱を持って溶けていくのですが、この路面の暑さでさらに温度が上がり、すり減っていくのです。

タイヤのゴムが溶けて減ってくると、ちょっとしたハンドル操作で横すべりしてしまい(「グリップがなくなる」と言う)、ドライバーは古いタイヤになればなるほど、車のコントロールがしにくくなります。

 

タイヤは有限、時間も有限

レースは金曜から日曜まで、フリー走行3回、予選、決勝と別れて行われますが、使えるタイヤの総数はあらかじめ13セットと決まっています。

そしてタイヤは、ドライ全5種類+雨用2種類があり、レースで使われるタイヤはFIAによってレース毎に指定されます。

 

<タイヤの種類:2019年>

路面名称2018年対比
ドライC5*レースで使われる3種類の中で柔らかい方から

赤/黄/白

ハイパーソフト相当
C4ウルトラソフト相当
C3ソフト相当
C2ミディアム相当
C1ハード相当
ウェットインターミディエイトグリーン
フルウェットブルー

 

2019年からは、タイヤの分類が変わりました。2018年まではドライ7種類があり、それぞれに色分けされていましたが、今年からは1レースで常に「赤/黄/白」の3種類で表現されます。

白は硬く、赤は柔い。

タイヤの種類はC1〜C5があり、そこから3種類が選ばれます。その3種類の中で、もっとも柔いものが赤、中間が黄色、もっとも硬いものが白になるということですね。

各チームはこの3種類のなかから配分を考え、13セットの組み合わせを選ぶことになります。

速くて溶けやすいタイヤばかり選ぶと、磨耗してしまって持たなくなるため、バランスが考えどころですね。

上記の画像は2018年仕様のものです。いろいろな色がありました。

 

戦略はチームとドライバーによる共闘

車に乗るのはドライバー、データを見て指示を出すのはチーム。

この2者が協力しないと、レースは成り立ちません。

たとえば、路面の状態やタイヤの状態を把握できるのは、実際に運転しているドライバーだけですし、それをラジオでチームに伝えるのもドライバーの役目です。

そして、他のチームの状況を考えながらレースを把握し、タイヤの交換をいつするかを考えるのは、主にチームの役目です。

時には協力して決めることもあるし、意見が食い違ってケンカをしていることもあります(笑)

 

0.001秒の世界!F1で失う時間の重さ

F1の世界では、0.001秒刻みで時間が計測されています。

そんな中、人の手で行うタイヤ交換という作業には、可能な限りの速さが求められるのです。

  • ピットイン:タイヤ交換などの目的で、一旦ピットへ戻ること

 

タイヤ交換はわずか2秒台、ピットインは約20秒台

車が4つのタイヤを交換するためにピットに入るとき、1度のタイヤ交換で失うタイムは約20秒台です。

これは、車がピットレーン(ピットに向かう横道)に入ってから、元のレースに戻るまでのロスタイム。

純粋にタイヤ交換の作業時間は、なんとわずか約2秒。

中継を見てると、本当にあっという間で驚きます。

 

たった数秒のミスが勝負の明暗を分ける

しかしタイヤを変えているのは人。時にはミスをすることもあります。

タイヤをはめたつもりがはまってなかった、持ってくるタイヤを間違えた・・・

そこで失う数秒間で、負けが決まることだってあるのです。

こう言った作業ミスは、1年を通すと割と見られます。ピットクルー(作業員)も人間ですから。

 

ピットインはいつ?戻り位置はライバルの前か後ろか?

さて、ピットインをするだけで20秒以上を失うということは上で説明したとおり。

じゃあ、いつその20数秒を失うか?というのが、タイヤの管理に次ぐ、レースのもう一つのキモです。

 

「失う20数秒」をどこで取るか

タイヤを交換するだけで20秒以上を失う。でも、1つのタイヤで最後まで走りきれない以上、それは全ての車が同じ条件です。

問題は、そのタイミングをどこにするかということ。

考える要素としては、ざっとこんなことがあります。

<ピットイン(タイヤ交換)のとき考慮すべきこと>

  1. ライバルはいつタイヤを変えるか?【ライバルの順位】
  2. 今タイヤを変えると、最後まで持つか?あるいは、このまま走ってまだ持つか?【タイヤの耐久】
  3. 雨が降りそう、あるいはあがりそう【天気】
  4. タイヤを変えると速くなるか、運転しやすくなる。それでライバルを抜けるか?【速度】
  5. いまピットに入ると、戻る位置はどこか?【(見かけ上の)順位変動】
  6. 遅い車にひっかからないか?【トラフィック(混雑)】

上に行くほど重要視されてる感覚です。

本当は2が一番大切なことなのですが、タイヤを変えるためピットインすることで、ライバルに有利な状況になってしまうのはまずい、ということですね。

タイヤが磨り減ってきてても、雨が降りそうでも、とりあえずライバルの出方を見ることはよくあります。

速く動くほど失敗する可能性もあるのは、サッカーの選手交代と似てますね。

 

レース戦略をひっくり返す「セーフティーカー」

こういった考えに考えた戦略をすべてひっくり返してくれるのが、「セーフティーカー」の存在です。

セーフティーカーは、レース中に事故が起こって破片が飛び散った時などに出てくる車で、これが出てくると、安全のためレースに制限がかかり、「前の車を抜いてはいけない」状態になります。

こうなると、「どうせ抜けないんだったら、タイヤをすり減らしてまで速く走る意味はない」ということになります。

そして、後ろの車が追いつきやすくなり、車同士の感覚が狭くなります。

全ての車が繋がってトレイン状態になるのです。

「これはちょうど良いタイミング」と、タイヤ交換をするチャンスでもありますね。

*ちなみに、セーフティカー中に車が蛇行しているのは、別に煽っているわけではなく、速度が落ちることでタイヤが冷めないようにするためです。

蛇行することで、タイヤ全面を温めているのです。

 

トップ3チームとその他チームの大きなタイム落差

タイヤとピットインをめぐる、レースの戦略を説明してきました。

ここで、残念なお知らせがあります。

現在のF1レースは、メーカーによって車の性能に差がありすぎて、トップ3チーム(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)とそれ以外のチーム(中団チームと呼ばれる)で、速度が違いすぎるのです。

その差は周回を追うごとに積もり積もっていき、レース中程をすぎるとその差はなんと20秒を超えることも。

つまり、トップ3チームは、それ以外のチームより20秒以上も先を走っているということですね。

そして、1回のタイヤ交換で失うタイムは20秒台。

つまりトップ3チームは、「中団チームより1回多くタイヤを交換しても抜かれない」という状況ができてしまいます。

なんともイビツですね・・・。

そのせいで、メルセデス/フェラーリ/レッドブルのトップ3チームは、お互いだけを気にすればいいという場面も多くなります。

同じF1というカテゴリで、2つのレースが同時に行われる感じでしょうか。

批判は当然、多いです。

 

まとめ

F1初心者も楽しめるF1講座第3回目は、タイヤ交換とピットインについてでした。

タイヤは熱によって擦り切れて行くので、「持たせる努力」と「交換するタイミング」が大切になります。

そしてピットインは、それだけで20秒以上を失うので、どこでカードを切るかが重要な判断になります。

ライバルを出し抜くために、よく考えてやらなきゃいけないということですね。

その辺がなんとなくわかると、F1レースはもっと面白いものになりますよ。

私も、全部はわかってないので解説頼みですが(笑)

 

 

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

AD
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。