【F1日本GP観戦ガイド】観戦ツアーを比較!ホテルと値段は?新幹線or夜行バス?

F1日本グランプリを見に行きたい!と思った時に、いちばん困るのが移動手段とホテルです。

「フェニックスA子が行く!F1日本グランプリ観戦ガイド」その2は、【観戦ツアー編】です!

この記事では、F1日本グランプリ観戦ツアー(旅行会社の商品)について比較していきます。

 

AD

F1日本グランプリ観戦、最難関はホテルと移動手段

F1日本グランプリを観戦する場合、チケット情報に目が行きがちですが、実際一番困るのはホテルと移動手段です。

それを最も簡単に解決してくれるのが、F1観戦ツアー。

F1日本観戦ツアーには、どんなものがあるの?どこから出発するの?

この記事では、F1日本グランプリ観戦ツアーの概要の紹介と、ツアーの比較をしていきます。

 

 

F1日本グランプリ・鈴鹿サーキットへのアクセス

鈴鹿サーキットの位置!名古屋からかなり遠い

鈴鹿サーキットは、三重県の鈴鹿市にあります。

すごく引き気味の地図にすると、このあたりです。

名古屋から、かなり遠いですね。

そして、もう少し拡大するとこんな感じ。

右上に、四日市市がちらっと見えます。

 

鈴鹿サーキットへのアクセス(距離、時間)

地図でみると距離感が少しわかりにくいですが、名古屋駅から車で1時間以上(61km)、近くの大きな市である四日市市からは車で30分(19km)。

電車だと、名古屋から白子駅まで40分(JR)+バス20分、四日市市から玉垣駅まで電車で15分(近鉄)+バス10分です。(ソース:Google経路)

細かなアクセスは公式サイトをごらんください、とにかくすごくアクセスが不便で、名古屋からも遠いです。

鈴鹿サーキット・アクセス(公式サイト)

 

ツアーを使わない場合は?ホテルの予約と移動が結構大変

そこで、ホテルと移動手段はどうするのか?という大問題が。

日本グランプリ決勝前後は、鈴鹿周辺の周辺ホテルはほとんど埋まっています。

世界からの来客向け旅行パックと、取材陣だけでキャパシティを超えてるのです。

さらに近隣の道路は、当日は渋滞が予想されます。電車もとうぜん激混みですし、駅まで歩くにも大名行列です。

考えるだけで心が折れそうですが、鈴鹿まで行く手段を順番に比較して行きましょう。

この記事ではツアーを紹介していますが、ホテルについて知りたい!という方はこちらの記事をご覧ください。

 

F1日本GP観戦ツアーを比較!東武トップツアーズとJTB

F1日本GP観戦ツアーは、いくつかの旅行会社が用意してくれています。

ただ、扱う旅行会社は年々減っているようで、検索をかけても古い年度のリンクが表示されたり、更新されていなかったり・・・。

2019年は「東武トップツアーズ」と「JTB」の二つのようです。

そして、観戦ツアーの一番のメリットは次の2つでしょう。

  • ホテルの予約が取れる(日本GP前後は一般では予約が取れない)
  • 移動の心配をしなくて良い(混雑や渋滞に巻き込まれると大変)

ただし、ホテルは名古屋からが主流で、送迎バスは片道2時間はかかります。

疲れそうですが、慣れない混雑した場所を自力で移動するよりは、よっぽど楽でしょう。

まずは、東武とJTBについて、値段と概要を比較してみます。

 

F1観戦ツアー・東京発の比較
値段ホテルの場所
東武【新幹線+ホテル:東京発】
2泊3日:67,500円
1泊2日:49,540円*夜行バスがU23となりました。昨年より全体的に値上がりしてます
名古屋市内からおまかせ
(別料金で指定可能)*2018年にはあった、三重県ホテル確定がなくなりました・・
JTB【新幹線+ホテル:東京発】
3泊4日:82,000円
2泊3日:61,000円*お値段は2018年から据え置き。夜行バスツアーは東京発着53,000円〜です。
名古屋、三重県(四日市市、津市、伊賀上野など)を含む広範囲からおまかせ

*2018年には可能だった別料金でのホテル指定がなくなりました。ホテル固定のツアーはあります。

 

値段は東武の方が安いですが、選択肢が多いのはJTBといったところ。

東武とJTBのメリット・デメリットは次の通り。

 

メリットデメリット
東武・少し安い(そもそも高いのでそんなに安くない)
・名古屋観光ホテルが選べる(追加料金あり)
日帰りコースは、サーキットへの送迎バスのみのコース。決勝だけ見て、名古屋観光を自分で組みたい人におすすめ
・3泊4日以上の日程がない
・木曜のピットウォークに参加できない(新幹線と追加ホテルを自分で手配するなら可能)
JTB・東京から木曜着、金曜日午前(フリー走行1)から観れるプランがある
・決勝後泊が選べる
・天然温泉付きのホテルが選べる(追加料金あり)
・おまかせホテルの位置がバラバラすぎる
・割高
・木曜のピットウォークに参加できない(新幹線と追加ホテルを自分で手配するなら可能)

 

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

東武トップツアーズの「F1オフィシャル観戦ツアー」

まず、オフィシャル観戦ツアーと銘打っているのが、東武トップツアーズ。

東武トップツアーズ:F1オフィシャル観戦ツアー(外部サイト)

 

2019年は「Honda応援コース」という特別なコースが用意されています。土曜の夕飯に鈴鹿サーキットでのビュッフェディナーがついたコースだそうで。東京発着と名古屋発着があります。

他には、Honda応援コースではありませんが、新大阪発着や女性限定ツアーがあります。

若者向けに、U23コースとしてリーズナブルな夜行バスコースも。

0泊3日とかなので、かなり体力いると思いますけどね(笑)

Honda応援コース(土曜の夕飯ビュッフェ付き)参考価格は、東京発着の2泊3日 82,650円(中学生以上の価格)。名古屋発着の2泊3日60,800円。いずれもチケット代は別途必要になります。

ホテルは基本的に名古屋市内で、サーキットへのバス送り迎えがついています。

 

JTBのF1観戦ツアー「フリープラン鈴鹿 F1日本グランプリ」(発売期間〜9/19まで)

JTBが出している、F1観戦ツアーです。

F1日本グランプリアクセスツアー(JTB公式サイト)

 

新幹線、バス、近鉄などから移動手段が選べて、大阪方面からのツアーもあります。

コースは次の通り。

  • 新幹線コース(東京発:4日、3日、2日、新横浜発:2日)
  • 新幹線コース・決勝後泊(東京発・決勝後泊:4日、3日)
  • バスコース(東京・新宿・横浜発:5日間、4日間)
  • バスコース(名古屋発:3日間、2日間)
  • バスコース・決勝後泊 (名古屋発・決勝後泊 :3日間)
  • 近鉄コース(大阪発:3日間、2日間)
  • 宿泊フリープラン(3日間、2日間 *宿泊のみ手配、移動手段は手配なし)

ホテルは基本的に名古屋です。昨年は三重県の指定もあったのですが、なくなってしまったようで。

出発や交通手段が細かく選べるところが良いですね。

参考価格は、東京発着新幹線 2泊3日(フリー走行②から)で61,000円、1泊2日(予選から)で45,000円です。バスツアーは1日4泊(フリー走行③から)で東京発着53,000円〜です。

いずれもチケット代金は別途となります。

バスのコスパが良くないような気がしますね・・・。(不便なのに時間もかかって高い)

全体的に、2018年よりも高くなて条件が厳しくなった気がします。2019年は日本の取材陣によるホテル押さえが激しいのかもしれません。

 

 

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

AD
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。