2018年F1カナダGPは6月8日〜11日(10日夜)!+前回のモナコGP感想

2018年のF1第7戦、カナダGPの概要とモナコGPの感想をお届け。

2018年カナダGPは6月8日(金)から始まります。決勝は10日深夜(11日早朝)3時過ぎから。

 

▶︎ DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

AD

カナダGPの放送予定。6/8〜決勝は6/11(10日夜)

こんにちは、フェニックスA子(@lipton_milk999)です。

F1の感想を書きたいけど書く場所もなかなかないんで、また書くことにしました。

たいしたこと言えないし、毎回更新できるかは怪しいですが、お付き合いください(マックス推しです)。絵も描けたら描いていきたいです。

 

まずは、2018年F1第7戦、カナダGPのDAZNでの放送予定から。

今回は朝方なんでリアルタイムは辛い時間ですね。

 

カナダGP:フリー走行1回目6/8(金) 23:00〜
カナダGP:フリー走行2回目6/9(土) 3:00〜
カナダGP:フリー走行3回目6/10(日) 0:00〜
カナダGP:予選6/10(日) 3:00〜
カナダGP:決勝6/11(月) 3:10〜
カナダGP:決勝 F1ゾーン6/11(月) 3:10〜

 

前回のモナコGPの感想とイラスト

 

前回のモナコGP、モナコにしては「おとなしい」試合だったんじゃないでしょうか。

決勝レースのポールはリカルド、そしてベッテル、ハミルトン。

私の応援するフェルスタッペンは、FP3でクラッシュしてまさかの最後方からの出発でした。

グロージャン、フェルスタッペン、ヒュルケンベルグ並んで後ろから出発とは、事故の予感しかしない(笑)

結局なにごともなく出発できてよかったですけどね。(つまらないとは言ってない)

ただ、途中からリカルドのマシンが調子崩してしまい、2年前に優勝を逃した不運がまたもや繰り返されるのかと、心配でなりませんでした。

結果的に、スタートの順位のままリカルド、ベッテル、ハミルトンと1・2・3。

リカルドついにモナコで優勝できて良かった・・・!

最後あたりアロンソがまた止まってるのがウケましたけど(笑)

アロンソのストップはもはやお家芸みたいになってるんで、そろそろ調子取り戻してあげてほしいです。マクラーレンさん(のマシン)お願いします。

マックスは今年も何人抜きの怒涛の追い上げを見せるのかと期待したけれど、モナコじゃやっぱりあれが限界だったかな。FP3から焦りすぎてクラッシュしてたんで、決勝は完走できただけ良かった良かった。

カナダGPに期待!

あとホンダ、ガスリー7位おめでとう!

カナダGPも頑張って(毎回言ってる)

最後の表彰台は楽しかったですね。リカルドが上がるとほんと毎回盛り上がる。

 

現在のドライバーズポイント

2018年F1第6戦モナコGP終了時(カナダGP前)のドライバーズポイントです。

トップはハミルトンが独走中。今季は優勝数は少ないものの、しぶとく点数をあつめて、2位のベッテルと14ポイント差をつけての1位ですね。

2位のベッテルは96ポイント、3位のリカルドは72ポイントです。

 

順位

ドライバー

得点

勝利数

表彰台

1L. ハミルトン

メルセデス

11025
2S. ベッテル

フェラーリ

9623
3D. リチャルド

レッドブル

7222
4V. ボッタス

メルセデス

6803
5K. ライコネン

フェラーリ

6003
6M. フェルスタッペン

レッドブル

3501
7F. アロンソ

マクラーレン

3200
8N. ヒュルケンベルグ

ルノー

2600
9C. サインツJr.

ルノー

2000
10K. マグヌッセン

ハース

1900
11P. ガスリー

トロロッソ

1800
12S. ペレス

フォース・インディア

1701
13E. オコン

フォース・インディア

900
14C. ルクレール

ザウバー

900
15S. バンドーン

マクラーレン

800
16L. ストロール

ウィリアムズ

400
17M. エリクソン

ザウバー

200
18B. ハートレイ

トロロッソ

100
19R. グロージャン

ハース

000
20S. シロトキン

ウィリアムズ

000
▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

daznでF1を見たことない人にオススメの記事。

AD
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。