【F1イギリスGP】熱いバトルが帰ってきた!フェラーリvsレッドブル

2019年F1第10戦イギリスGP、トップを爆走中のハミルトンのホームGPです。しかし今回の話題は、フェラーリとレッドブルに集約していたと言っても良いでしょう。

 

AD

フェラーリとレッドブルの熱いバトル


イラストは、謝るベッテルとそれを受けるフェルスタッペン。

そして、P3を争ったルクレールとガスリーです。

今回は終始メルセデスの2台がトップで、P3の座を争ってフェラーリとレッドブルが戦っていました。タイヤ交換で順位を入れ替えつつ、赤と青が互いに入れ替わり立ち代わりのバトル。

 

ベッテルvsフェルスタッペンのクラッシュ

バトルの途中で、フェルスタッペンに抜かれたベッテルが焦って、後ろから追突してしまったのです。

ベッテルはチェッカー後すぐにフェルスタッペンに駆け寄り、自分の非を認めて謝りました。そして握手を交わして終了。

ドライバー同士のぶつかり合いと仲直りまでが見れた、最近としては美しい終わり方でした。

ここ数戦は、FIAのペナルティが試合結果を左右しており、当事者のドライバーが腑に落ちないという顔をしていたので・・・。

 

ここ数戦のクラッシュ続き

ここ数戦のF1界では、ベッテルも含めて上位勢のクラッシュが続き、それに対するFIAのペナルティ処分を巡って言い争いが続いていました。

 

フェラーリの対応

クラッシュのたびに相次ぐ秒数加算ペナルティ、そしてドライバー同士の喧嘩。さらにはF1ファン同士の論争。

「FIAのペナルティでせっかくのレース結果が変わるのはもう散々だ」

というのが多くのF1ファン、そしてドライバーのたちの思いだったでしょう。

それを受けてか前回のオーストリアGPでは、フェルスタッペン vs ルクレールのインシデントについて、「FIAの裁定で損をした」側のフェラーリサイドは次のような態度を取っています。

「FIAの裁定には納得はしていない。が、これからのF1と面白いバトルのために、FIAを告訴することはしない」

すごく大人な対応だと思います。

 

そして報復のバトル

今回のイギリスGPでは、「前回はやりやがったな」とばかりにルクレールがフェルスタッペンに襲いかかりました。前回のバトルと全くが真逆の仕掛け方を、ルクレールがとったのです。

もちろんその結果は、何のペナルティもなし。

前回のフェラーリの対応が、今回の「FIAのペナルティを恐れないドライバー同士のバトル」に繋がったんじゃないかと私は思います。

F1ファンが見たかったのはこういうドライバー同士の正直なバトルなんじゃないでしょうか。

 

ガスリー覚醒!「まるで別人」の速さ

今回のポイントはなんといってもガスリーでしょう。

2019シーズン、リカルドの穴を埋める形でレッドブルに移籍してきてからはや数ヶ月。なかなか結果を出せずに苦しんでいました。

それが、今回はマシンのセットアップをフェルスタッペンに習ったのが功を奏してか、堂々のP4。

(予選についてはこちら)

【F1イギリスGP予選】ガスリーやったぜ!マックスに追いつけ

 

フェラーリとレッドブルの順位が入れ替わる中、フェルスタッペンと対等な立場での戦いを見せてくれました。

途中チームオーダーでフェルスタッペンに順位を譲らされた場面もありましたが、現状のポイント差では仕方ないかな。

これからに期待ですね。

 

レッドブルピット、最速のタイヤ交換1.9s

 

速かったのはガスリーだけじゃなかった。

なんとガスリーのタイヤ交換を行なったレッドブルのピットストップが、最速記録を更新。

わずか1.9sという神業をやってのけました。

これ、あまりに速すぎてしばらくリアルタイムで表示がでなかったんですよね。見直してたのかな?

 

母国グランプリのハミルトン、イギリスGPでV6

今回祝福すべきなのはハミルトン。ベッテルの件が話題で、今更になってしまいましたが。

イギリスGPがホームとなる歴代のF1ドライバーの中で、イギリスGP優勝回数が最多の6回目になるそうで。

 

いつもは「ハミルトンまた勝った」という反応になりがちなのですが、つくづく彼はすごい。

いったいいくつの記録を塗り替えていくのでしょうか。

F1の歴史上伝説になるドライバーのリアルを、今見ているのかもしれませんね。

 

 

次回はドイツGP

次もヨーロッパ周遊のドイツGPです。7月26日から。

今回に引き続き、ガスリーが本当に覚醒したというところをダメ押しで見せてほしいものです。

目指せレッドブルのダブル表彰台!

 

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

AD
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。