【F1フランスGP】ハミルトン「退屈」異次元すぎてレースはF1.5中心に

2019年F1の第8戦は、前回のカナダ以上に長いストレート区間を持つフランスGP。

今度こそとフェラーリに期待がかかる中、結果はまたもハミルトン(笑)

そろそろこの現状に、チャンプ本人から「退屈」との言葉も出てしまいました。

今回もイラストメインの記事になります。

 

AD

F1フランスGP:ハミルトンが異次元すぎる中、中団でいい勝負が

フランスGPは、1年の中で8戦目のレース。

ここにきていまだに、誰もハミルトンを倒せない。これは近年のF1の中でも異常事態でしょう・・・。

メルセデス、フェラーリ、レッドブルのTOP3チームが不動と言われる中、その次の「P7」を争う戦いは面白くなってきています。

と、言いましたが、もう一つ「TOP3チームなのにだいぶ後ろにいる奴がいるぞー」という問題もあるのですが、今回は置いておきましょう(汗)

 

ルノーvsライコネン、そしてノリス

TOP3チームを除いて調子が良いのが、今年はルノー、マクラーレン、そしてアルファロメオが回を重ねるごとに良くなってきています。

(ハースも頑張ってる)

フランスGPではライコネンvsヒュルケンベルグが長いこと熱い戦いを繰り広げていて、最後のあたりでリカルドがこれを猛追。

少しトラブルを抱えたノリスもこの争いに加わり、4台が同時に争うレース展開となりました。

こういい、うギリギリの争いを見たいんですよね、F1ファンは。

もちろん、ドライバーだってこういうレースをしたいと思います。

ライコネンは「面白かった」と語っているし、結果としてペナルティで降格となったリカルドも「やりきった」と語っています。

 

コースレイアウトのせいでオーバーテイク起こらず?

フランスGPは直線が多く、カーブも複雑な形で詰まっていることからか、オーバーテイクがしづらいサーキットと言われています。

そのせいもあり、直線が速い車に対してどうすることもできない。

ライコネンを追い回していたヒュルケンベルグも、「あいつ直線速いんだよ!!」と悔し台詞を吐いていました。

さらに側壁がほとんどないサーキットのため、ぶつかる危険性もなく単調に走るのみというシーンが多い。

これにはコースレイアウト改変を希望する声も多く挙がっていますね。

もう少し面白いレースになるなら、そうしてほしい。

 

ハミルトンが止められない問題

今回はトップを独走するハミルトンを誰も止められず、チームメイトのボッタスすら全く近づけず。

チェッカーを切った時には13秒以上というものすごい差がついていました。

これは、メルセデスの車の性能が良すぎることに加えて、ハミルトンが集中力が高くミスをしないこともあります。

まさに最強・・・これでサーキットまで単調となると、もうレースになりません。

ハミルトン本人が退屈だとこぼしてしまうのもわかりますね。

今年も折り返しが近づいてきましたが、なんとかフェラーリとレッドブルに頑張ってほしい。

なんならマクラーレンでもルノーでもいい(笑)

いなくなってしまったアロンソがもしレッドブルやマクラーレンに戻ってきたら・・・レースが面白くなるのでは?と考えてしまいます。

 

しばらくは細かいレース感想を書く暇がなさそうなので、ツイッターとインスタグラムでイラストをあげるタイミングが「F1観ようぜ!」の最速更新になります。

Twitter:https://twitter.com/phoenix_ako

Instagram:https://www.instagram.com/eiko_phoenix/

 

よかったらフォローしてください。

 

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト


0
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。

Leave a Reply