【F1カナダGP】大波乱!ベッテルvsハミルトンの審議がF1界を揺るがす

2019年F1の第7戦は、直線高速サーキットのカナダGP。

本来であれば今年はフェラーリが強いと思われたサーキットですが結果は・・・。

 

今回からしばらくイラストのみになります。

 

AD

F1カナダGP:ベッテルvsハミルトンの審議がF1界を揺るがす

今回の結果は、イラストから全てがわかるように「ベッテルがP2に納得いかず大暴れ」というものでした。

問題となったのは、最終ラップ近くでベッテルがコースから外れ、戻ってきた際にハミルトの進路を妨害したという際の審議。

この審議の結果はP1だったベッテルに5秒ペナルティという重いタイム加算がのっかり、結果ベッテルはP2に・・・。

 

ベッテルの危険なコース復帰は仕方がなかった?

「ベッテルの危険なコース復帰は仕方のないものであり、このような審議の結果はレースの面白さを損なうのでは」

とF1界全体に議論が起こりました。

納得のいかないベッテルは、チェッカー後の順位表示の立て札を入れ替え自分の車をP1にしたり、表彰台でシャンパンファイトをしなかったりと最悪の空気に。

ハミルトンはのちに、「自分がベッテルでも同じことをしただろう」とフォローを入れています。

 

クリーンで面白いレースを

現在のF1チャンピオンを争う二人が面白いレースをしていたのに、 FIAの審議がそれを台無しにした。というケースは度々起こっています。

今年はメルセデス一強すぎるところを、フェラーリが覆せる可能性のあった数少ないレース。

そのレースを審議の結果が台無しにしてしまったことが、F1界全体や多くのファンの怒りに触れたのでしょう。

バランスよく面白いレースはほんと難しい。

しばらくは細かいレース感想を書く暇がなさそうなので、ツイッターとインスタグラムでイラストをあげるタイミングが「F1観ようぜ!」の最速更新になります。

Twitter:https://twitter.com/phoenix_ako

Instagram:https://www.instagram.com/eiko_phoenix/

 

よかったらフォローしてください。

 

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

AD
40 Views 0
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。

Leave a Reply