【F1シュタイアーマルクGP 】異次元メルセデス、他チームは均衡。

2020年F1第二戦、シュタイアーマルクGP(オーストリアGP2回目)の感想とイラストです。

 

AD

異次元メルセデス、他チームは均衡

 

 

イラストは、表彰台はそっちのけで自らの走りを競い合うP4以下の皆様。

どのドライバーも素晴らしい走りや競り合いを見せてくれて、カメラがいくつあっても足りない感じでした!

個人的には、自分よりも数段速いボッタスの攻めに一度は耐えたフェルスタッペン。

さすがトップドライバー、レッドブルのエースドライバーだと思いましたね。

他も選べないくらいだけど、レーシングポイントのストロール(21)の成長に注目中。

このチームはペレスが実力としてのエースドライバー。そのペレスを度々凌ぐ実力が見えているのが楽しみです。

金持ち坊ちゃんとばかり揶揄されるけど、最近は違うと思いますね。

マクラーレンの2人は、どちらも速いけど特にノリスが・・・!

サインツは既にフェラーリへの移籍を決めていますけど、ノリスでも良かったんじゃなかなフェラーリさん??(イメージ合わないかな?w)

リカルド、アルボンも要所要所で粘り強いバトルをしてたし、アルボンP4は素晴らしい結果。

 

なお、レーシングポイントには「メルセデスのパクリじゃないのか」とルノーから物言いがついていましたので、そういうイラストになってます。

結果はひとまずOKになったもよう?

 

ハミルトンはもうぶっちぎりで速いので枠内にすら描けていません(ごめんなさい)

 

予選:P2と1秒以上の差をつけるハミルトンPP

予選のイラストは、あまりに速いハミルトンのタイムでこちらも枠外に。

P2から1.2秒って・・・・

もうP1だった状態でさらに塗り替えてきましたね。オーバーキルすぎる。

サインツP3はこれも衝撃でした。マクラーレン、速いね!!

 

 

AD
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。