【F1メキシコGP】レースは大ポカだらけ。制したのはやはりハミルトン

2019年F1第18戦メキシコGPの感想とイラストです。

今回は大規模食中毒のせいか、ミスの多いぐだぐだなレースになってしまいました。

 

AD

F1メキシコGP

今回はイラスト保管という意味での簡易的な感想になります。(体調を崩してしまい・・・)

結果は表彰台のトップにハミルトンが。

・・・のはずが、トップの位置に乗るはずのハミルトンが、なんと車とともに下からせり上がってくるという名演出。

現地は大盛り上がりでした。

 

メキシコの食中毒にやられた?

この演出で沸き立ちましたが、レースの中身はピットでのミスが多くぐだぐだな結果。

タイヤ交換でミスをするアルファロメオ(ライコネン車)やマクラーレン(ノリス車)。

タイヤがはまらないまま発信が連発・・・

 

メキシコでF1関係者が150人食中毒とのことでしたが、その影響もあるのでしょうか?

 

ガスリーは根性のP9入賞

 

ガスリーは、予選前に食中毒で倒れたわりに本当に頑張りました。

ホンダ勢の結果は、

P5: アルボン

P6: フェルスタッペン

P9: ガスリー

P11: クビアト

という結果に。

 

クビアトは惜しくもP11でしたが、上々の結果。

来年のレッドブルシートも間も無く決まる中、フェルスタッペン以外の3人は頑張ってますね。現時点ではクビアトの分が悪いかな・・・?

 

 

いよいよ次回はアメリカGP。レッドブルシート問題はここで決まると言われています。

 

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

AD
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。