【F1スペインGP】俺たちのフェラーリ劇場

2020年F1第6戦、スペインGPの感想とイラストです。

 

AD

【F1スペインGP】俺たちのフェラーリ劇場

 

イラストは完全におふざけ状態のフェラーリ一味。

ドライバーはがんばりました。特にベッテル。

無線で頻繁にチームに指示を仰ぐも、返ってくるのは的を得ない答えばかり・・・。ほんとに作戦考えてるのか・・・聞かれてから考えてるんじゃないのか・・・

全世界のF1ファンがベッテルに同情しました。

そして彼はずるずるのソフトタイヤで30周以上を走り切り、P7をゲット。

ドライバーオブザデイ(公式のユーザ投票)もゲット。

 

レースを走り切った後のインタビューで、「ファンは君に投票したよ」と聞いて嬉しそうにしていました。よかった。

ルクレールに至っては、なぜか突然電源ダウン(のように見える)でマシン停止。

ルクレールを1stドライバーに仕立て上げるためにベッテルのマシンを手抜きしているのでは・・・なんて噂されるフェラーリですが、今回はそのルクレール が走れないという結果に。

ベッテルはチームに貴重なポイントを持って帰りました。

 

TOP3はいつにもまして差のある結果に。

トップのハミルトンから、2位が24秒遅れ、3位が44秒遅れ、そしてそれ以降は周回遅れ。

なんだこのレースは。

AD
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。