【映画レビュー】フォードvsフェラーリ 最高にロックなモタスポ映画

2019年1月10日公開のル・マン映画「フォードvsフェラーリ」を初日に見てきました。 まだ見ていない方向けの、ネタバレなしレビューです。   フォード車の躍進を描いたフォードvsフェラーリ   この映画はF1ではなくル・マン24Hをテーマにした映画です。 普段は映画のレビューは別ブログに書いていますが、これに限ってはF1観ようぜで紹介させていただきます。 さて、「フォードvsフェラーリ」は1966年のル・マン24時間耐久レースにおけるフォードの躍進を描いた映画です。 実際の当時のレースやドライバーをベースとした、半ドキュメンタリー映画といったところでしょうか。ニキラウダのRUSHを彷彿とさせます。   私は、ル・マンの実際のレースを見たことがなく当時のドライバーも知らない状態で、この映画を見ました。 なので、理解不足な部分もありますが、普段はF1を見ているル・マン初心者が見た感じを伝えられるかなと思います。   最高にロックな映画   簡単に感想をまとめるとこんな感じ。   #フォードvsフェラーリ 最 ッ 高 に ロ ッ ク モタスポファンがネクタイ野郎に言いたこと、皮肉が詰まった映画 エンジン音とギア、回転数に注目できるサウンド マニアックなエンジニアの役者w ル・マン初心者には少し難しくもう一回見たい 夜にブログにまとめます。 俺たちもあるよ#f1jp pic.twitter.com/5HW0WJrZQZ — フェニックスA子@F1観ようぜ (@phoenix_ako) January 10, 2020   ストーリーや役者が最高にロックです。 物語の構成としては、フォードが新たにレーシングカーを作るというところから始まるので、プロジェクト自体がチャレンジング。 そんな中で、カーデザイナーであり元レーサー(現役でもある)のシェルビー、破天荒なドライバーのケン・マイルズの2人が組んで、フェラーリに勝つ車を仕上げて行きます。   モタスポの世界につきものの金と権力問題   モータースポーツの魅力とリアリティを、を余すことなく描いた作品だと思いました。 モータースポーツは、スポーツとはいえ高価な車を道具とした商売です。背景につくのは、多くは車メーカー。フェラーリやフォードもそうです。 CEOやマーケターと、レーシング現場のエンジニアやドライバー間の温度差。 売るための戦略と、勝つための戦略。 その二つが真っ向からぶつかり合う様子が描かれています。 イタリアのチームであるフェラーリと、米国のメーカーであるフォードの会社としての気質もまた、対照的に、皮肉たっぷりに描かれています。   ネクタイ野郎にスカッとする一撃 モタスポを見ていると、チームの方針や営利優先のやり口にイラつくこともあると思いますが そんな現実をズバッと斬ってくれてます。 現実にはなかなかできない分、清々しいです。 特にフォード側の人間は・・・ タイトルはチームシェルビーvsフォードじゃないのかとw     魅力的なキャラクターと役者 […]

1 View