【F1日本GP】ファンによる応援グッズ&衣装の数々!日曜直前レポ

F1日本GP名物の、F1ファンによる熱意のこもった創作の数々!

Twitterで発表されていた作品を、いくつかピックアップしてご紹介します。

(もしこのツイートは使わないでという方いらっしゃったら、TwitterDMからご連絡ください。)

 

AD

F1日本GP名物!ファンによるグッス&コスプレ創作

F1日本グランプリ名物として、今や世界中で話題になっているファンによる創作。

Twitterでは何ヶ月も前から、準備や構想についての数々が投稿されていました。

F1日本グランプリ決勝を控えた前日ですが、すでに木曜日のファンが集うピットウォーク、そして金曜のフリー走行を終えたタイミングで、まとめてご紹介したいと思います。

 

今回の日本GPは台風で土曜のすべてのスケジュールが中止(予選は延期)となったため、F1ファンの創作の数々で盛り上がりましょう。

 

F1コスプレ!衣装の数々

まずは衣装関連から。

 

まずはレッドブル。こちらは公式のTwitterからの引用です。

 

超精密な模型を乗せたヘルメット、レッドブルのカウボーイおじさん4人、ライオン丸くん、レッドブルヤンキー浴衣の方々とレゴマックス!

特にカウボーイ姿の渋いおじさんは大人気で、公式でもたくさん取り上げられていました。コテコテレーシングさんです。

これは本当にいい写真!

 

大人気のライオンくん。

そして、ライオン丸くんがきている衣装はこちら!マックスのイラストが入ったオリジナルTシャツです。

(いただいたので私の写真で恐縮ですが・・)

 

ベッテルの全身コスプレのHIROさん。

奥様と一緒のお写真。

今年もベッテルに会えたそうですよ!フェラーリ公式でもたくさん取り上げられていました。

 

そして、昨年はメルセデスのパドックにも招待されていたボッタスファンのお嬢さん。

とてもオリジナリティがあって可愛い衣装です!!

そして、昨年はマクラーレン騎士のコスプレで有名になったあの方は、今年はジョージ・ラッセルの応援に。

レッドブルのGP娘さんと。

衣装や角まですべて自作されてます、すごい!

Twitterでたくさんの自作グッズを発表されているKao-rinさんとそのご家族は、揃いのチェッカーフラッグ浴衣で公式に取り上げられていましたよ。

子供のために、ライコネンのレーシングスーツを自作されたおおにしさん。表彰台でP1を取った姿も!

丈が余ってるところがめっちゃかわいいですねw

 

F1応援グッズの数々

ここからは応援グッズをカテゴリ別に紹介していきます!

 

F1メガネ

最初から異色の、まさかのメガネ。

 

レッドブルは多くのファンをピットに招き入れていました。フラッグや衣装、そしてグッズ。

今年はマクラーレンも盛り上がっています!

マクラーレンのおもしろグッズの数々をつくっておられた「しる」さん。

SNSでサインツとノリスがいつも面白いことをやっているネタをグッズ化。ノリスご本人に届けられました!

そしてついにご本人がマクラーレンメディアに取り上げられていました。動画でどうぞ。

憧れのドライバーと繋がれたファンの姿は、観ているこちらが幸せな気分になりますね。

 

F1応援うちわ

トロロッソのFP1に登場した、日本の山本尚貴さんの応援うちわ。金曜はすごく盛り上がってました。

そして、先ほどはチェッカーフラッグの浴衣でご紹介したKao-rinさんの熱意のこもったうちわ。

ご家族の推しドライバーのぶんをすべて手作りで!

いつもはナンバーチャームを作っておられますが、本当になんでも器用に作られていてすごいです。

 

ホンダ系列ドライバーの似顔絵うちわ。

 

F1の被り物(精密模型含む)

日本GPでよく見かけるのが、ヘルメットなどの「被り物系」。

被り物では済まされないくらい、精密な模型(動く!!)が搭載されているものも。

こちらは、青ドンさんによる模型。プロすぎて言葉がありません。

しかも、なんと動く。

その筋の方でしょうか?w

これぞ日本が誇るF1ファン(驚)
マクラーレンにもヘルメットを搭載した方々が。


こちらは牛にレッドブルを注入しているMozzyさんのヘルメット。

例年つくられているDRSmanさんの模型も!ガスリー大喜び。

 

日本のこの被り物は世界でも人気で、他の国のGPにもぼちぼち同じような方々が現れ始めています。

元祖・模型ヘルメットとして、日本のF1ファンにはこれからも期待!

 

フラッグ・タオルなど布系

手作りフラッグを塗ったり、絵を描いて印刷した方々も。

 

 

こちらはumekoさんによるレッドブルクルーのフラッグ。

国際放送のFP1で、フェルスタッペン がじっくりと眺めていたのが映ったので、気になっていた人も多いのではないでしょうか?

昨年もこのクルーフラッグをプレゼントされていて、大好評だったので、今年も作られたそうです。

全体像はこちら。

 

全員分の顔を探し出して描くのは、本当大変だったと思います。

きっと熱意も伝わってますね!

 

こちらは、多くのドライバーのイラストが描かれたタオル。現役ドライバーと歴代ドライバーの2種類も!

 

こちらは手作りで裁縫されたマックスのフラッグ。ラメ生地が目立ちますね!

レーシングポイントでは、「インドの力」というインパクトのあるTシャツとともに、美麗なイラストフラッグが。

個人的にこの絵、すごく好きです。これはペレスヤストロール、そしてレーシングポイントの人も嬉しいでしょうね!

ガスリーファンによる、応援フラッグとクビアトのへのメッセージ。

ガスリーとクビアトのうちわを持ってるのは私です(服がレッドブルなんだけど取り上げてもらえた)

 

こちらはホンダ応援の美少女絵。日本を象徴する美少女イラストとしてお馴染みのGP娘さんとツーショット。

被り物とともに、F1公式にも拾われていました!

 

F1公式のイメージするJAPANなんでしょうか。

紙もの・イラスト系


こちらは、手作りのガスリーのフォトブック。クビアトのものもありました。

Tororossoの公式インスタグラムで、ドライバー2人が喜びのコメントをしていました。

 

レッドブルへのポストカードとお手紙。

 

F1手作り小物系

その他にも、細かなグッズがいろいろとありました。

昨年は、フェルスタッペンとリカルドのパペットを作って、公式にたくさん取り上げられていたumekoさんの作品。

今年も新作です!写真が他に上がっているのが見つからなかったのですが、他にもあったような・・?

 

ドライバーをイメージしたぬいぐるみです。他のチームもたくさんありましたが、メルセデスをご紹介。

かわいらしい、手の込んだてるてる坊主。

雨の被害が少しでも少なくなりますように。

リカルド3の応援シール!!ヘルメットの柄で飾られています。
貼り付けられているスマホケースもかっこいいですね?(どこのだろう、自作?)

メルセデス公式が、いろんなファングッズをまとめてUPしていました。

メルセデスのアンジェラさんのパペットもありますね。

中央のは、地元の小学生による寄せ書きフラッグ。ソーラン節を力強く踊っていた子供達のです。

メルセデスグッズで応援するファンたち。
メルセデスのファンのグッズははっきりとしてかっこいい感じのものが多い気がします。

 

F1ネイル

F1ネイルも年々すごくなってます!

こちらは、自作のものもあれば、プロにお願いして作成いただいたものもさまざま。まとめてご紹介します。

このネイル、プロのネイリストさんにお願いされたそうなのですが、ガスリーの写真のようなお顔はなんと手描きだそうです。

ネイリストさんのなかでも稀に見るやり手・・・!!!感動しました。

 

他にも、Twitterにちらほらとネイル自慢が挙げられていたので、探してきました。

こういうの見るのほんと楽しい。

まだまだ見落としているものもありそうなので、自慢のネイルを作った方は是非教えてください・・!

 

F1折り紙

ToroRosso公式が募集していた、「折り紙でSTR15を作ろう!」という企画。

Twitterで「#STRorigami」のタグで募集されていましたが、なんと選ばれたネイルさんがToroRossoガレージツアーにご招待されました!

こうやって、チームがファンと繋がってくれるのは本当にありがたいですね。

日本に生まれてよかったです。

Twitterのタグには他の作品も投稿されてますよ。(私も作りました)

「#STRorigami」タグを見る

 

F1ヘアメイク


なんと、ホンダマークを剃り込みされた猛者が!!!

床屋さんも「やっていいんですか?!」って感じだったんでしょうねw メイキング映像はこちら。(youtube)

 

F1クッキング

そして最後はなんと、F1の手作りお菓子。

なんとマックスのヘルメットケーキ!と、パン。

umekoさんの作品。なんとF1日本GP用というわけでなく、普段からたまに作られているんですよ(尊敬・・!)

 

 

公式がUPしてくださったら、随時追加していきます。

日曜日はもっとすごいかもしれませんね。

自分も作ったから並べて〜!という方も、TwitterDMからご連絡ください。

AD
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。