【F1シンガポールGP】ベッテル悲願の優勝!+ホンダ勢の水面下バトル

2019年F1第15戦、シンガポールGPの感想とイラストです。全体としてはベッテルの優勝とP2のルクレールに議論が集まるも、ホンダ勢もなかなか熱いバトルを繰り広げてました。

 

AD

ベッテルP1、ルクレールP2、そしてホンダ勢は・・

 

シンガポールGPの結果、まずはこちらから。ガスリーとクビアトが激しくオーバーテイクを狙っていったバトルです。

この2人が直接対決をしていたわけではないのですが、どちらも明らかに目が血走った走りを見せていたなぁと思います(笑)

特にガスリーはレッドブルからトロロッソへ降格してしまってから、ケツに火がついたようにオーバーテイクを狙うようになりましたね。

クビアトは元から「魚雷」と呼ばれているほどアグレッシブな走りをするドライバーだけど、良い意味で相変わらずです。

 

被害者になってしまったのが、ストロールやライコネン。ストロールなんかガスリーとぶつかった後にクビアトとも接触してましたっけ?

 

散々ですね・・

ライコネンはいつもこんな目にあっている気がします。(いつもはマックスが相手だけど)

 

ベッテルとルクレール

今回イラストには描けなかったけど盛り上がっていたのが、やっぱりベッテルの優勝。

ずっと優勝を狙っていたにもかかわらず、不運な事故や自爆、そしてチームの戦略ミスなどが重なり、なかなかP1を取れずにいました。

ようやくの優勝に、本人も手放しには喜べない複雑な表情。

特にベッテルファンが涙してましたね。

フェラーリチームの中で、最近はとくに気まずい立ち位置になりつつあったので、ここで成果を残せたのは大きい。

 

しかしルクレールは「フェアじゃない」と不満そうでした。

が、こういうのはF1のチーム内ではよくある話でもあります・・・

 

個人的には「フェラーリのあのピットイン順序は何の意味があったのか」と思っています。

 

結果として、そのままの順位で最後まで行かせた(P1〜P2間でチームメイト同士の争いをさせなかった)のは、フェラーリのチームプレイとしては妥当だとは思いますけどね。

 

マックスとルクレールが並ぶ

今回の結果により、ドライバーズラインキングでマックスとルクレールが並ぶという事態に。

これは、若手ドライバー勢としては非常に非常に熱いバトル・・・!!!

 

今後の結果がより一層楽しみです。

次々回の鈴鹿ではどうなってるかな。

 

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

AD
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。