【F1】レッドブルホンダ2019のドライバー!危険な熱血コンビ、フェルスタッペン&ガスリー

2019年からホンダエンジンを積んだ、レッドブルホンダことRedbull Racing!

ホンダのF1復活を見たい歴代のF1ファンや、新しく見始めた方に、レッドブルのドライバー2人をご紹介します。

 

AD

2019年のレッドブルは熱血コンビ?!フェルスタッペン&ガスリー

2019年のレッドブルホンダのドライバーは、この2人!

  • マックス・フェルスタッペン (Max Verstappen)
  • ピエール・ガスリー(Pierre Gasly)

マックス(フェルスタッペンは長いので名前で呼ばれることが多い)は21歳、ガスリーは22歳と、若さあふれる2人です。

そのせいか、血の気が多い2人ということでも有名?

日本人の期待を背負うことになるこの2人について、詳しく、ちょっとゆるめにご紹介していきましょう!

 

ドライバー紹介① マックス・フェルスタッペン

レッドブルホンダドライバー①マックス・フェルスタッペン

新人からベテランへ、チャンピオン候補に

マックス・フェルスタッペンは21歳。たったの17歳でF1デビューし、最年少デビューの記録を更新した超大型ルーキーでした。

父親も元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペンで、わずか4歳のころからカートを乗り回し、モータースポーツの英才教育を受けて育ちました。

昨年は目覚ましい成長を遂げ、今年は新人の色も消えてきたF1・4年目。

昨年のレースでは、F1でV5を達成したハミルトンに引けを取らない走りを見せたことから、今年のチャンピオン候補として大きな期待がかかっています。

また、嬉しいことも嫌なこともすぐ顔に出る素直な性格、頭に血が上りやすいハードボイルドな気質も、歴代のF1ファンから人気を集めている理由。

結構お騒がせなドライバーです。

 

プロフィール

名称マックス・フェルスタッペン
(Max Verstappen)
カーナンバー33
(子供のころのおもちゃの車の番号)
国籍オランダ
出身ベルギー・ハッセルト
生年月日1997/9/30 (21歳)
身長/体重180cm / 67kg
F1デビュー2015年第1戦オーストラリアGP(トロロッソ/決勝リタイア)
在籍チームトロロッソ(2015〜16年ロシアGP)→レッドブル(16年スペインGP〜現在)
戦績(通算)ドライバーズランキング最上位:4位(2018/レッドブル)、出走:81回、優勝:2回、ポールポジション:0回、表彰台:23回、入賞:57回、ファステストラップ:4回、通算獲得ポイント:670点
戦績(2018年) ドライバーズランキング最上位:4位、出走:21回、優勝:2回、表彰台:12回、入賞:17回、完走:18回、ファステストラップ:2回

参照:F1速報2019年開幕直前号より

 

これまでのレース戦歴を振り返る

マックスの戦績といえば、なんといっても、レッドブルとしてのデビュー戦でいきなり優勝をキメたことでしょう。

マックスは、スターに欠かせない「運を味方につける」ことができるドライバー。

2015年にトロロッソからレッドブルに昇格した初年度は、「メルセデスがリタイアすると表彰台に上がってくる新人」と我々に印象づけてくれました。

新人のくせにこれは、なかなかすごいことです。父のヨス・フェルスタッペンの血を継ぐ、生え抜きのF1ドライバーと言えますね。

お父さんのヨスは、いつもピットからマックスを見守っています。

F1速報で連載中の面白4コマ「F1グランプリ天国」によると、父のヨスは「ヨス・ザ・ボス」と言われるほど気の強いドライバーだったそうですよ。

すぐ頭に血が上るマックスは、性格面も父親ゆずりと言えそうです。

レッドブルの車の性能もあり、後ろからのオーバーテイクがうまいのがマックス。ポールポジションの取得回数はなんと0回ですが、優勝は通算2回、表彰台は23回。

十分追い上げることができているのが、戦歴からもわかります。

今年も、マックスの華麗なオーバーテイクショーを見せて優勝してほしいですね!

マックスについては、こちらにもう少し詳しく書いています。

https://f1miyouze.com/f1/max-verstappen-redbull-honda/

 

ドライバー紹介② ピエール・ガスリー

レッドブルホンダドライバー②ピエール・ガスリー

スピード昇格は引けを取らない?チーム内ガチンコ必至

ガスリーは22歳、F1・2年目のドライバー。昨年、トロロッソ・ホンダからF1デビューしました。

F1へ上がってくる前は、シートが空くのを待ってスーパーフォーミュラへ参戦。1年間日本に滞在していました。

日本や日本人、そしてホンダにも慣れているドライバーなので、すでに日本での人気も高い存在です。

性格はレーサーらしい熱血漢なところも。(所々で、クールな〜とか堅実な〜という表現を見かけますが、私には全然そうは見えません・・)

昨年のチームメイトはブレンドン・ハートレイという金髪のニュージーランド人のお兄ちゃんだったのですが、おとなしかった彼と比べたら、ガスリーは全然プッシュしてくるタイプです。

そんなガスリーが、今年マックスとぶつかるとどうなるのか???

それは、レッドブルファン、トロロッソファン全員が心配しているところだと思います(笑)

 

プロフィール

名称ピエール・ガスリー
(Pierre Gasly)
カーナンバー10
(レッドブルジュニアチームでの番号)
国籍フランス
出身フランス・ルーアン
生年月日1996/2/7 (22歳)
身長/体重177cm / 68kg
F1デビュー2017年第15戦マレーシアGP(トロロッソ)
在籍チームトロロッソ(2017マレーシアGP)→レッドブル(〜現在)
戦績(通算)ドライバーズランキング最上位:15位(2018/トロロッソ)、出走:26回、優勝:0回、ポールポジション:0回、表彰台:0回、入賞:5回、ファステストラップ:0回、通算獲得ポイント:29点
戦績(2018年) ドライバーズランキング最上位:15位、出走:21回、優勝:0回、表彰台:0回、入賞:5回、完走:16回、ファステストラップ:0回

参照:F1速報2019年開幕直前号より

これまでのレース戦歴を振り返る

ドライバーズランキング、最上位は15位。これは、あいにく車の性能によるところが大きいのがF1の世界。

レッドブルの車に乗せたらどうなるのか?それはまだ誰にもわかりません。

まだあまり実績のないドライバーがレッドブルに昇格してきたという事実が、ガスリーのポテンシャルを物語っているように思います。

入賞圏内はこれまでに5回。中団チームからのこの戦績は、なかなかなのではないでしょうか。

走りはどちらかというと、力が入って荒っぽい印象。

先日の2019年バルセロナテストでは、「マックスを意識して車を壊した」という表現もされていました。

今年は、大活躍してやる!!と思っているんじゃあないでしょうか。

マックスのセカンド・ドライバーとして大人しくしているとは思えませんね。

余談ですが、今年アルファロメオのドライバーとしてF1復帰した「アントニオ・ジョビナッツィ」は、2016年のGP2でガスリーと戦って優勝したドライバー。ジョビナッツィとのライバル対決も見ものです。

(対決というには、車が違いすぎるかな・・?)

 

今年のレッドブルホンダのドライバー2人に、期待です!

 

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト


0
フェニックスA子

フェニックスA子

フリーランスなF1クリエイター(39)。イラストと漫画を描くのが好きです。映画RUSHを見てF1を知り、そのまま沼にはまりました。スポーツは拳で殴り合いたいタイプなので硬派なドライバーを応援しがち。

Leave a Reply